アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

交流会・勉強会の開催

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、市民が自ら測り、自分で判断するために、原発事故の後、設立しました。
食品や土壌、ホールボディカウンター(WBC)、空間線量測定など放射線測定事業を展開しています。それらの結果はネットなどで公開するとともに、データを蓄積し放射能汚染の実態把握に努めています。

また、福島での「健康相談会 」や「ふくしまくらす交流会」の開催、県内外で避難者支援団体が行う「健康相談会」の運営をサポートし、福島の現状を伝えています。

 

「ふくしまくらす交流会」

話したい不安な気持ち。でも誰に話たらいいのか分からない
聞きたい本当のこと。でも誰に聞いても違う答え。
まわりはどんどん平気になっていく。でも私だけが心配なまま。

避難・帰還・在住のお母さんが集まって、思いの違いもなんのその。
お互いの気持ちを受け入れて、食事をしながら話ができるそんな時間を定期的に開催しています。

fukushima-kurasu03過去開催の様子

ふくしまくらす交流会では、福島県内で健康相談をしてきた先生や、お母さんの団体の方もお招きしています。

また、子どもたち向けのワークショップなども開催しています。

開催スケジュールや過去の様子などについては、以下のリンク先で随時更新しています。


Share Button

帰還困難区域の火災

 帰還困難区域である、浪江町井出地区の十万山で発生した山林火災は、4月29日夕方から5月10日までの12日間の消火活動を要して、ようやく鎮火…

雑記

『あっちの方』

 4月25日の夕方、共同通信の配信記事で『震災「東北だったから良かった」 復興相が発言』が流れました。今村雅弘前復興大臣が、自民党二階派のパ…

雑記

「本人の責任でしょう。本人の判断でしょう」

 4月4日から26日にかけて、復興大臣の発言によって、被災地を始め、避難者が居住する各地に波紋が広がりました。以下の文章は、その渦中の4月1…

放射能測定

4年半後の紅葉山公園

[caption id="attachment_8207" align="alignleft" width="960"] 紅葉山公園内の遊歩…

告知

20175/11

【告知】 山形県大江町やまさぁーべ田植えキャンプ

ページ上部へ戻る
Translate »